仙台四郎の時代、幕末から明治の日常風景

やしゃごの朝子です。


仙台四郎は幕末から明治にかけて実在しました。

四郎さんの写真も白黒ですが、実際には、その頃の日本も美しい色彩にあふれていたはず。

そんな日常の色彩を再現した写真に出会いました。

下のリンクより、どうぞご覧下さい!

 

http://www.huffingtonpost.jp/2014/10/30/edo-color_n_6073488.html?utm_hp_ref=mostpopular