世界の青年リーダーを育成する仕事

やしゃごの朝子です。


もうすぐ、楽しみにしていたお仕事が始まります!


内閣府によるグローバルユースリーダー育成事業。

世界11か国から集まる日本と世界の若者約200人強を対象にした、グローバル人材育成の研修プログラムです。

 

毎年開催されて27回目となる今年。
2015年1月~2月にかけて行われる1か月間の研修に、私もファシリテーターとして携わらせていただけることになっています。

 

期間中は、約40人の青年達に、5回にわたるワークショップ形式の授業を提供します。テーマは「ボランティア精神」。

陸上研修(東京)→船上研修(沖縄・大船渡に寄港)→海外研修(スリランカ)と10日間ずつ場所を移しながら、約1か月間の長丁場。がっつりと世界の青年達と関わってきます!


写真は、2012年1~3月にかけて実施された24回目の研修参加者からいただいた、寄せ書きやお手紙の数々。その時も私は講師としてワークショップを担当させていただきました。世界中の青年達が、文化や宗教などの価値観を超えて、お互いに本気で関わりながら暮らす1か月間は、とても密度の濃い時間。沢山の気づきや学びを乾いた砂のように吸収して、それぞれのコミュニティのより良い未来のための抱負とともに帰っていく彼らは、本当にステキなのです。

そんな場の空気感を思い出させる、このボードを部屋に飾って毎日眺めていると、とても元気が湧いて、幸せな気持ちになれます。


人材育成は、私のライフワーク。キラキラした感性をもつ青年達と関わる日が今から楽しみです。