スリランカでのホームステイ

やしゃごの朝子です。


グローバルリーダー育成の旅。日本人青年達を引率して、スリランカに来ています。


今日は、地方都市の小さな村にお邪魔しています。

ここで青年達は、一泊二日のホームステイを体験をする予定。


ホストファミリーの皆様方が待つ集合場所の入り口では、美しい民族舞踊で温かく歓迎いただきました!


まずは顔合わせを兼ねたランチです。ホストファミリーとの対面に、そして指を使った現地流の食事の仕方に緊張気味の青年達。英語でのコミュニケーションが苦手なホストファミリーもいらして、お互いにどう意思疎通をはかるか試行錯誤しているテーブルもありましたが、村の方々の温かい笑顔に、すぐに打ち解けて笑顔になっています。

 

そして、ランチ後はホストファミリーに連れられて、それぞれのお宅へと向かいます。写真はスリランカ名物の三輪車「トゥクトゥク」に乗り込み、出発していく様子。

 

楽しく有意義な時間を過ごして、そして沢山の気づきを得て成長して戻ってきてほしい・・・と見送る私の心境は、まるで遠足に出かける我が子を見守る母のようw

 

このプログラム、大勢の現地コーディネーターやボランティアの方々によって支えられています。いかに実り多いものにできるのか、細部に至るまで心を砕いて奔走いただいていることに、心から感謝です。そして、そんな裏方の皆さんの細やかな配慮に敬意を払い、研修から最大限の学びを得るようにすることが、青年達の、そしてそれを指導する私達引率スタッフの責任でもあります。

 

ちなみに引率者の私には、残念ながらホームステイはありません。この後はホテルでスタッフ同士の打ち合わせやら、パソコンに向かっての事務仕事やらに集中です。