スリランカ訪問~津波と内戦の過去を乗り越え

やしゃごの朝子です。


船上研修の次は、海外研修!日本人青年達を引率して、スリランカに来ています。

今日はある村の病院で、地元の子ども達と一緒にボランティア活動です。外壁をきれいに磨き、白いペンキを塗りました。

この村は、スリランカの東部の沿海部に位置します。スリランカに津波が襲った時には、この村も被災しました。また、近年まで続いた内戦でも紛争の舞台となり、都市として発展することなく、また外国人が訪れることの無かった地域です。

 

 

そんな負の歴史を抱えながらも、人々はとても穏やかな笑顔で、子ども達は好奇心いっぱいのキラキラした目で近寄ってきます!


内戦も終結した現在だからこそ、私達のような外国の訪問団を受け入れることが出来るようになりました。この村の子ども達にとって、私達との出会いを通じて外の世界に好奇心を持つことが、将来の可能性の扉を開くことになる。だからこそ、私達の今回の訪問実績がきっかけで、ますます外国からの訪問が増えることを期待しているとのこと。

村を挙げて大歓迎してくれた人々の笑顔に見送られて、次の街へと出発です。