国連防災世界会議、いよいよ明日から!

やしゃごの朝子です。


今朝は小雪のちらつく中、勾当台公園でテントの設営です!

このテント、NGOのピースウィンズ・ジャパンさんから災害時用の設備をお借りしたもの。二重の布に空気を入れて膨らませるという仕組みになっています。柱を立てずに空気で膨らませて立たせるという構造のため、まずは風に飛ばされないための対策を。この細長い袋状の重石に、水を入れていきます。雪の中の水作業は大変~。

これをテントの周囲に並べて、テント本体に結わえつけていくんですね。


かなり大きなテントなので、もちろん吹いて膨らませることはできません(笑)。


ということで、発電機と送風機もつなげています。


ぶぃ~んという送風機の頼もしい音とともに、みるみる立ち上がるテント。


屋根・壁部分が立ち上がったところで、床板のパネルを敷きます。
地元のボランティアさんが大勢駆けつけてくださったので、バケツリレー方式でパネルを運び込みます。はかどる~!

このボランティアの皆さんは、開催期間中ずっとこちらのテント内で、コーヒーの担当をしてくださる予定。


全国各地からいらっしゃる来場者の方々に、おいしい入れたてコーヒーでおもてなし下さいます♪


明日から沢山の出会いがここから生まれるのかと思うと、ワクワクしてきました!