国連防災世界会議、終わりました~!

やしゃごの朝子です。

長いようであっという間だった、世界防災世界会議も終了しました。

 

ピープルズ・パビリオンには、なんと2550人もの方がいらしてくださいました。

全国のみならず世界各国から参加した防災関係者の方々はもちろん、地元の一般市民の皆さんともふれあい、お陰様で素敵な出会いが沢山ありました。

 

「大勢のボランティアさん達が運営を支えている姿に、感銘を受けたから」といって、お仕事帰りに素敵なお菓子の差し入れを持ってきてくださった地元の美容師さん。

 

「仙台四郎さん、あんたにまた会いに来たよ~!」と、毎日お顔をみせてくださった、地元のおじいさん。テント内で開催されるセミナーに、いつも熱心に耳を傾けてくださっていました。

 

 

そして、運営をがっちりと支えてくださった大勢のボランティアさん達。


地元の人々ならではの土地勘を発揮して、ホスピタリティあふれる街歩きガイドを引き受けてくださったセンダイ自由大学のみなさん。仙台市内に分散した会場の場所が分かりにくく、困っていた外国人のお客様には、遠い場所まで付き添って道案内をしてくださってました。

仙台市内や宮城県内各地から集結してくださったSeRVの皆さんは、朝・晩のテント設営・撤収など力仕事や、期間中に訪れる来場者の皆さんへ、笑顔と真心&きめ細やかな心配りをしながら、コーヒー・紅茶のサービスを担当してくださいました。会場の美化に常に気を配り、居心地の良い場創りをしてくださいました。


その他にも、東京以西から大型バスで駆けつけてくださった、大勢のボランティアさん達。会場ではイベントに関する質問に答えたり、外国人来場者の方への通訳などを完璧にこなしてくださいました。


他にも、JCC2015事務局・関係団体の方々からのお力添えの数々。素晴らしい皆様に支えられ、素敵な出会いが満載の一週間となりました。皆様ありがとうございました!


JCC2015事務局による、世界防災市民会議のレポートはこちらからご覧いただけます。