すまいる で は しろう!

やしゃごの朝子です。

 

すまいる四郎、チームになりました☆
なんと、多摩湖駅伝に出場!

 (かな~りローカルで、小規模の大会ではありますが・・・)


私とデザイナーの大ちゃんは小学校時代の同級生ですが、更に数名の同級生達も加わって、「すまいる四郎チーム」を結成して走りました。順位やタイムは気にせず、全員満面の笑顔で完走。楽しかった~♪

 


実は、大ちゃんが第一走者として登録してあったのですが・・・なんと、気合を入れて練習を始めた途端「膝がカックンってなっちゃって・・・」と。いや~、40歳過ぎての急な運動にはご用心ですな(^_^;)

 

鍼灸師として活躍している同級生も治療にあたってくれたのですが、当日は大事を取って出場を見合わせ、カメラ係となることに。

 

で、急遽、カメラ係の予定だった私が代打で走りましたっ!

しか~し、代打の決定は前日の夜だったため、事前練習も無し。いや、そもそも子どものころからマラソンが大の苦手な私。スタートのピストル音が鳴った時点からすでに出遅れ感(あぁ、なんと懐かしいのでしょう、このおいて行かれる感!)。案の定、ずっと「後走」のゼッケンをつけた大会関係者の方に伴走されて走りました(それってつまり、ビリだからw)。

 

会場には鍼灸師の同級生も駆けつけてくれて、走り終わった私たちの足を丁寧にマッサージしてくれました。なんかまるでプロのランナー集団のような待遇に、気分が上がります(ビリだけどw)。

 

ちなみに、写真は今回のために大ちゃんがデザインしてくれたお揃いのTシャツ。背中には、走るすまいる四郎の絵に、「お先にどうぞ」の文字を添えたプリントが・・・もう、最初から競う気ありませんから(笑)

 

まぁ、これこそ四郎を掲げる「すまいる四郎チーム」らしいスピリットなのです。

 

で、気になる結果ですが、順位は「下から数えたら表彰台?!」というレベル。

 

でも、とにかく楽しく笑顔で走ろう(すまいる で、は しろう)という気持ちを優先して、みんなでニコニコと走り切りました。その爽快感ったら素晴らしかったな~(ビリでもねw)。

 

同級生のみんな、いくつになっても友達でいてくれて、ありがと~!