4月6日は「四郎の日」

やしゃごの朝子です。


市民の方々や各国からの参加者の皆様と出会い、防災や復興について語り合った、国連防災世界会議。

 

「復興って、なんだろう?」

そんな疑問に、語り部として活動する皆さんから、こんなヒントが返ってきました。

 

「復興」とは、国内外の人々との交流がきっかけとなって、新たな人生の可能性が拓かれていくこと。

 

津波で全てを失った漁師さん達にとって、立ち上がるきかっけとなったのは、駆けつけたボランティアさん達の「また、美味しい海の幸を食べたいから」の一言。

 

“元通り”にすることが難しい福島の人々にとって、新たな生き方へのヒントやきっかけをもたらしてくれるのは、

国内外の垣根を越えた人々との交流。

 

そんなお話を伺いながら、やしゃご屋として想うことは・・・

仙台四郎への興味をきっかけに、もっと多くの人々に、東北を知ってほしい。

そして、東北の人々と関わってほしい。

 

そこで!

そんな想いを込めて【4月6日は四郎の日】キャンペーンを開始することにしました!

 

もちろん、初めは地味な活動ですよ。だって、誰も聞いたことが無いのだから(笑)。

でも、「四郎の日って、何?!」という人が世の中に増えたら、

そこから仙台についての会話のきっかけにはなる。

そして、仙台や東北についての世の中の関心が、さらに広がるかもしれないじゃないですか♪

 

ということで、この記事をお読みくださった皆様も、

「4月6日って、四郎の日だよね~」と、

さりげない会話の糸口としてみてくださいね!