東北の美味しいお米を絶賛PR中です♪

やしゃごの朝子です。


朝日新聞販売店さんのネットワークを通じて、ただいま美味しいお米をご紹介中。パッケージには、稲穂を手にしたすまいる四郎がデザインされてるんです♪


このお米。なんと皇室献上米生産農家・さんべ農園さんが育てた、とっておきのコシヒカリ!数量限定の希少品です☆


ちなみに、皇室献上米とは、皇室の新嘗祭に献上するお米を、その年に生産するために選ばれた農家のこと。福島県は南会津郡只見町で農業を営むさんべ農園さんは、平成24年に、このお役目を果たされたのです。


そんなさんべ農園さん。町内最初の農業生産法人を立ち上げ、環境に優しく持続可能な農業経営を実践していらっしゃいます。


化学肥料をなるべく減らし、自家製の完熟堆肥を使っているそうです。また、若い世代が就農したくなる魅力あふれる農業経営を模索中で、田植えや収穫を通じて、小・中学生の体験学習や農家民泊、学生達の実習受け入れも積極的に行っていらっしゃいます。


「農業を最高の形で未来の子供たちへつないでいくのが目標です」という、ステキな三瓶さんご夫妻が、手塩にかけて育て上げたお米。その美味しさに、食べたらきっとファンになることでしょう。


先行販売の第一陣は、東京・中野南部の朝日新聞配達区域から。写真のような折込チラシで、読者の皆様に絶賛ご案内中ですよ~♪