次世代グローバルリーダー事業が始まりました

やしゃごの朝子です。

 

世界11カ国からなる約220名の青年達と、共に暮らす45日間が始まりました。

 

内閣府次世代グローバルリーダー事業の研修プログラム。私はワークショップのファシリテーターとして防災コースを担当しています。

 

今回は「防災 x 市民社会組織 x リーダーシップ」をキーワードに、全5回のセッションを展開する予定です。期間中は、都内だけでなく、インド・スリランカでも防災の専門機関を視察してきます。

 

コミュニティの防災力を高めるには、何が大切か?そのためにどうしたらいいか?

 

青年達が持ち寄る取り組み事例から互いに学びあったり、ディスカッションで知恵を出し合ったり、専門機関からお話を伺うなど、盛り沢山の内容を予定しています。

 

国や地域によって、災害の種類も取り組みも様々でしょうが、各人がコミュニティに戻ってリーダーシップを発揮できる人材となるよう、私も全力で取り組みます。

 

 

※写真は、大好きなKP(紙芝居プレゼンテーション)法を使って、防災コースの教材を作成しているところです♪