周りを巻き込むリーダーは、これが上手

やしゃごの朝子です。

 

さて、いよいよ最後の授業。

今日は、リーダーとしてのコミュニケーション術を伝授しました。

 

リーダーだけが情熱的。その想いがメンバーに伝わりきらず、温度差のある中で空回り…ということ、ありませんか?

以前の私にはよくありましたw

 

では、周囲を巻き込むのが上手な人って、何が違うのでしょう??

 

一言でいうと、ずばり「意味づけが上手」なんです。

 

どんな状況に置かれても、どう対処したらよいかわからなくても、絶対に取り組む価値があると思うことに対して、人は強くなれますよね。

 

逆に、やっても意味が無いことに対して、人はがんばることができません。

 

そんなことを、まずは理論モデルで裏付けながらのレクチャー。 

 

 

そのあとは、青年たちが将来とりくみたい防災活動について、「そこにどんな意味があるのか?」を意識しながらプレゼン練習です。

 

まずは1対大勢のスピーチを想定した、一方的なプレゼン。

 

次に、相手の想いを受け止め、そこにどんな意味があるのかを引き出してあげるコーチング。

 

そして、相手からのサポートを得るためのネゴシエーションの練習。

 

この研修が終わったら、青年たちは世界各地の自分のコミュニティに帰ります。そして、この研修での学びを生かし、社会に貢献していく人材となることが期待されています。

 

研修で多くのインプットがあったし、学んだことへの満足感は高いけれど、いざ自分で実践しようとすると、仲間集めからうまくいかずに挫折してしまう。そんな事態を回避するためにも、今日の研修はとても大切です。

 

一人の人間が出来ることは限られるけれど、仲間がいてくれたら、大きな力にして物事を動かすことができます。

 

ここで学んだ、仲間たちと志を共有するための理論とテクニック。一生のライフスキルとして活かしてほしいと願っています。