未来のグローバルリーダー達

やしゃごの朝子です。
内閣府が毎年主催する、次世代グローバルリーダー事業「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」。世界各地から集まる外国人青年と、全国から集まる日本人青年総勢約240名が、1か月半生活をともにしながら、船上研修を受けるプログラムです。私も再び講師の一人として「防災活動のための人材育成コース」の指導を受け持つ予定です。
その来年1月から実施される研修にむけて、日本人青年を対象とした事前研修が東京で開かれました。受け持つ青年たちに早く会いたくて、私も様子を見に行ってきました。意識も意欲も高い、頼もしい青年達が全国から126名も参加していて、嬉しい限り。
本番の船上研修では、生活すべてが英語環境。ディスカッションや文化交流、セミナーの受講や、参加青年による自主活動の企画・運営等を通して、異文化対応力やコミュニケーション力を高めます。また、リーダーシップやマネジメント力の向上を図る様々な学びと実践の場が用意されています。
国際化や多様化の進展する各分野でリーダーシップを発揮できる人材に育つよう、そして、実際に社会貢献活動を実践できる青年を育成することが目的です。

 

キラキラしたまなざしの彼らと過ごす1か月半の航海が、今からとても待ち遠しいです♡