日常の延長上にある、非日常

やしゃごの朝子です。

今日はCSV(Creating Shared Value)フォーラムに行ってきました。テーマは「熊本地震から学ぶ、企業とNPOの社会的インパクト協働のあり方」。
被災地で避難所の運営に当たった熊本YMCA、被災者支援を行った国連機関・NGOからの現場報告、支援企業からの報告に続き、パネルディスカッションと、異なる立場からの示唆に富んだ経験共有が盛りだくさんな内容でした。
印象的だったのは「日常の延長上にしか、非日常はない」という発言。
非常時に、どれだけ企業が迅速な支援を実施できるか。それはやはり、平常時の備えが重要ということの意味に、改めて想いを巡らせました。
それは、単に緊急対応マニュアルを作成しておけば済むということでは無いと思うのです(もちろん、作っておくべきものではあるのですが)。
非常時だからこそ、マニュアル想定以上に臨機応変に行動することが求められるもの。「うちの会社の経営陣は、こういう考え方・哲学を持っている。だから、きっとここまで動いても社内的に認めてもらえる」というように、経営者の哲学や判断基準が、社員一人一人の中に、共感とともに醸成されているかどうかじゃないかと。
従業員と経営陣の間に、そういう深い相互理解が日頃から築き上げられていることが、非常時における社員の自立的行動をサポートするのではと思うのです。
それに、そういうカルチャーがある企業は、自然災害の発生に関係なく、普段のパフォーマンス性だって高いはず。

 

 

自分たちの会社は、社会にどんな価値を提供する存在であるのか。そんな問いに対する答えが、普段から社員の中にどれだけ浸透しているか。それを厳しく試されるのが、災害時なのかもしれません。