災害時 通訳・翻訳対応訓練を見学してきました

やしゃごの朝子です。

 

先日、東京都港区が開催する、国際防災ボランティア向けの災害時通訳翻訳対応訓練を見学してきました。

 

港区には、区内に在住・在勤の語学力をお持ちの方が、災害時にボランティアとして活動できるように事前に登録できる制度があります。登録者は複数回にわたる防災講座を受講し、知識・実践面で準備しています。

 

訓練を受けた参加者の皆さんは、もともと外国語を使ったボランティアに興味があって参加された方がほとんどのようですが、区が提供する一連の防災講座を受講し、語学力+防災のスキルを高めることも楽しんでいらっしゃいました。

 

 

 

私がお邪魔させていただいたこの日は、被災者役の外国人も招いて、発災時の避難所を想定した「窓口相談通訳訓練」「避難所巡回訓練」「外国語・やさしい日本語での翻訳ポスター作成訓練」が行われていました。

 

 

訓練の目的は、外国人からの相談を区役所職員に正確に伝えること。区の回答や情報を、外国人住民に分かりやすく伝えること。

 

 

写真は、避難所にいる外国人の方々に、困っていることがないか、どのようなサービスがあったらよいかを丁寧に聴き取る訓練の様子です。

 

こちらの写真は、日本語の掲示物を外国語にわかりやすく翻訳しているところ。

 

単に言葉を置き換えるだけでなく、どのように表現したら一番大切なメッセージが直感的に伝わりやすくなるでしょう? 参加者の方々は、文言やビジュアル面でもあれこれ工夫を凝らしていらっしゃいました。

 

実際に外国人の方からの質問や、生の意見に触れてみると、単に一般的な語学力だけでなく、防災の知識や経験も問われる場面がしばしば。

 

災害時の外国人対応は、どの地域でも課題となるはずですが、このような取り組みはまだ一般的とは言えません。港区の事例は先進的で、多くの地域でも参考になると感じました。