何ができるだろう?

やしゃごの朝子です。

 

7年前の今日。

想像を絶する大変なことが起きたことを知りました。

 

『今の私に、何ができるだろう?』

 

考えたすえ、NGO業界に転職。

東日本大震災の緊急支援・復興支援に携わり

多くの人々の「想い」に触れました。

 

2014年にNGOでの仕事が終了。

そこで、再び考えました。

 

『今の私に、何ができるだろう?』

 

そこで、東北の土地と人の魅力を伝えようと、

「すまいる四郎」をプロデュースすることにしました。

 

キャラクターを使った活動が進む一方で、

まだ何かできることがあるような気がしました。

 

『今の私に、何ができるだろう?』

 

そこで、防災をテーマにした研修講師の仕事を始めました。

あの災害を、言語化して、体系化して、

その学びに再現性を持たせること。

次世代を担う国内外の若者達に、

東日本大震災で出会った人々の「想い」を伝えるために。

 

これからも、自分に問い続けていこうと思います。

一人でも多くの、失われなくてよい命を守るために。

困難を生き抜いた人々が、尊厳のある人生を送れるように。

 

『今の私に、何ができるだろう?』