やしゃごブログ

仙台四郎の兄・太郎の玄孫(やしゃご)、芳賀朝子のブログへようこそ!

 

仙台四郎をめぐるニュース、仙台やしゃご屋の活動、すまいる四郎プロジェクトなどについて綴っています。過去のブログは、以下のカテゴリーに分けて整理してあります。ご関心のあるボタンをクリックしてお楽しみください。



月別アーカイブ

2014年 9月~ 12月

 

2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

2017年 1月 2月 3月 4月

 


テーマ別 一覧

仙台四郎

仙台四郎にまつわるエピソードについて。

 

仙台やしゃご屋

仙台やしゃご屋の活動について。

 

すまいる四郎の東北ファンクラブ

仙台や東北の魅力について。 

 

すまいる四郎の東北盛り上げ隊 

すまいる四郎のイラストをご活用いただいている各種プロジェクトについて。

 

すまいる四郎の福幸取り寄せ店

すまいる四郎のグッズ、その開発秘話などについて。

 

すまいる四郎の打出の小槌講座

人材育成研修、コーチングや、その背景にある想いについて。 

 

 

 


最新エントリー記事

しんじゅく防災フェスタ2017

やしゃごの朝子です。

 

防災を楽しく学べるイベントを。一人でも家族連れでも、外国人も障害をお持ちの方も、多様な視点から共に学べるプログラムを。

 

そんな思いを込めて作られた【しんじゅく防災フェスタ2017】は、地域の行政と企業と市民が一体となって作り上げたイベントです。

 

楽しみながら防災を学ぶ工夫を沢山ちりばめた甲斐があり、地域の子どもたちをはじめ大勢の来場者で大賑わいでした。

 

このイベントは多くのボランティアさんによって支えられています。

 

私がコーディネーターを務めた語学ボランティアチームでは、英語、中国語、韓国語、フランス語、ロシア語、やさしい日本語などで、外国人来場者に対応しました。

 

残念ながら、それほど多くの外国人来場者は見当らず、ボランティアさんたちも力を持て余してしまうという一幕も。でも、これが災害時の避難所であれば、きっと外国人のニーズは多いはずです。今回は平常時のイベントですが、災害に備えて外国語対応ができるボランティアさんを募り活動する試みという点では、充分に意味がありました。

 

ちなみに、このイベントには、ボランティアの皆さんにも講習を受けていただくことで、地域防災の担い手を育成するという目的もあります。

 

そこで、英語による救急救命講習、やさしい日本語で書かれた防災教材の紹介、中国語による家庭で実践する災害対応ワークショップなどを来場者に交じって受講してもらいました。防災についての知識を、しかも外国語で学べる貴重な機会として、参加したボランティアさん達にも好評でした。

また、東日本大震災を経験した東北は仙台から、障害者福祉事業所に中間支援を行うみやぎセルプさんが出展してくださいました。

 

みやぎセルプさんは、東日本大震災で体験した困難や学びを、障害者や福祉施設職員の立場から全国にシェアする活動を積極的に展開していらっしゃいます。

 

そこで当日は、複数の事業所で製造されている物品の展示販売とともに、示唆に富むパネル展示でイベントを一緒に盛り上げていただきました。

さらに今回は、障がい者の方々自身の企画による出展もあり、車いすで瓦礫の散乱する場所を避難してみる体験や、アイマスクをつけて歩く体験などができるコーナーも用意されました。

 

近い将来、必ず災害は起こります。災害そのものの発生は防げないかもしれないけれど、備えておくことで災害による被害を少なく抑えることは可能です。そのための知恵や知識を楽しく学ぶこと、そしてそこに多様な人々の視点を盛り込むことで、より現実的な対応が可能になることでしょう。

災害発生直後の避難所に災害弱者。どう対応する?

やしゃごの朝子です。

 

妊婦さん、乳幼児連れの家族、障害者、お年寄り、外国人、etc。災害時の避難所には多様なニーズを持つ人々が集まります。中には何らかの特別な配慮を必要とする人々も。

 

もし自分が地域の避難所運営担当者だったとしたら、その状況にどう対応しますか?

今日は、そんな状況を机上でシミュレーションする避難所運営ゲーム【HUG】の体験会に参加してきました。

一人一人の避難者の特性が書かれたカードが次々に読み上げられるなか、体育館と校舎のどこに居場所を誘導するか、物資の配給や炊き出しの情報はどう伝えるか、等を運営チームで瞬時に判断して対応します。

 

今回の参加者には視覚障害、聴覚障害、肢体不自由の方々や、発達障害のお子さんをお持ちの方々も多く、障害当事者の方々と一緒に避難所運営を考える貴重な体験でした。

 

 

 

障害といっても、種類も程度も千差万別。音や環境の変化に過敏な発達障害をお持ちのご家族は体育館より教室を希望される一方で、肢体不自由の方々は、教室だと助けを求めづらいので体育館の中で他の人々に囲まれていたい、という要望も。

 

また、ご本人たちの希望や、得意不得意などを伺っていると、必ずしも何もできない人々ではないことに、改めて気付かされます。

 

 

「弱視の方は全盲の方のケアがとても上手だから一緒にグループ化した方がいい」「視覚障害者と聴覚障害者は、お互いの手に文字を書くことによって、コミュニケーションが成立するから、一緒にいると相互補完できる」などという当事者のお話にもびっくり。

 

平常時に対応できていないことは非常時にもできないと言われます。普段から多様性について理解を深める機会がもっと身近に存在するといいし、理解が深まれば災害時に限らず共生しやすい社会に近づいていくことでしょう。

避難所に外国人。あなたならどうする?

やしゃごの朝子です。

 

災害時に避難所に集まるのは、地元住民だけとは限りません。地域によっても違うでしょうが、実際には様々な背景をもつ外国人達も沢山避難してくることでしょう。

 

そんな時、避難所という空間と災害時という特殊な状況において、外国人避難者達とどう共生するのが良いのでしょうか。

 

そこで今日は、多文化防災ワークショップという勉強会に参加してきました。

 

日本語で情報を得にくい、日本語でのコミュニケーションが難しい外国人と、避難所運営に携わる地元住民との間のトラブルについて、東日本大震災の時に起きたトラブル実例をケーススタディとして、どう対応すれば良いかディスカッションを行います。

 

 

避難所では「外国人は日本の常識を知らないから迷惑」という先入観で最初から相手の存在を否定したり、「自分は外国語が苦手だから外国人の対応なんて無理」という苦手意識で外国人を避けてしまったり、といったことがあったといいます。

 

でも、避難してきた外国人は「何もできない困ったお客さん」ではありません。ちょっとの創意工夫で、「頼もしい仲間」になりうるのです。

 

災害時に限ったことではなく、もはや日常生活のあらゆる場面において「多文化共生」は身近な課題となっています。だからこそ、常日頃から外国人の存在を仲間として、偏見や先入観なく受けとめられるマインドの醸成って大事ですね。

 

ワークショップの教材は、仙台観光国際協会さんのHPから入手することができます。

 

http://int.sentia-sendai.jp/j/…/tabunka_bousai_workshop.html

多文化防災街歩き

やしゃごの朝子です。

 

今年9月3日に予定されている『しんじゅく防災フェスタ2017』。私は外国人来場者の皆さんをお世話する「語学ボランティア」さんたちのコーディネーター役として関わっています。

大勢のボランティアさんが、準備段階から関わってくださっています。この頼もしい助っ人の皆さんと当日のイベントを盛り上げることは勿論目標ではありますが、もっと大切なこと。それは、このイベントに関わる人たちが、準備段階から数々の研修を通じて、地域防災の担い手として育っていくことです。

 

そこで今日は、語学ボランティアさんを対象としたオリエンテーションを実施しました。午前中は「我が家の災害対応ワークショップ」。家庭内の備えについて話し合います。そして午後は「防災街歩き」。実際に街を歩きながら、街の特徴や現状を把握し、地域防災に必要なことを住民目線で考えます。

今日歩いたのは、新宿区の中でもひときわ異国情緒たっぷりな大久保地区。

 

住民の4割が外国人。

 

大久保小学校児童の過半数が外国人のため、保護者向けの学校だよりは5~7ヶ国語。

 

高齢者相談センターに来る相談の一割は外国人高齢者。

 

日本語学校多数。

 

…これだけでも、留学生のような単身者から家族まで、子供からお年寄りまで幅広い属性の外国人がいることがわかります。

 

 

街中いたるところに各国エスニック料理の飲食店が軒を連ね、食材を扱う商店では世界中の香辛料が手に入りそうです。イスラム教徒用のハラル食材を扱う商店も多くあります。

 

そんな街の一角に佇む雑居ビルの一室にはイスラム教のモスクが入居。至る所にある外国人向け不動産会社や、海外送金のお店…。

 

 

 

もはや外国人の存在感が圧倒的なこの街で、もともとそこに暮らしてきた住民とよりよく共生するには?

住人となった外国人だけでなく、そこに集まる観光客という「外部から訪問する通りすがりの人々」も視野に入れた、安心で安全な防災策とは?

 

 外国人住民の存在を自分とは違う世界の人々のこととせず、同じ地域に暮らす隣人達として共生のありかたに思いを巡らせてみることが、地域防災の担い手となる第一歩だと考えています。

 

そしてそれは、防災の文脈に限ったことではなく、地域の多様性を受容する共生社会を作り上げていく、だれにとっても寛容な社会の実現につながることになると信じています。

 

 

しんじゅく防災フェスタについて、くわしくはこちらをご覧ください。
http://bosai-festa.com/

外国人と共に生きる街をつくる

やしゃごの朝子です。

先日、東京都新宿区多文化共生連絡会の会合へ行ってきました。


新宿区では住民の一割が外国人、大久保地区ではなんと四割ともいいます。そんな新宿区で、地域住民と外国人がいかに共生していけるのか?というのがこちらでの大きな課題です。

 

私が子供の頃、外国といえばアメリカやイギリスのイメージが強かったものでしたが、平成29年の新宿区の外国人人口構成比は、中国人36.6%、韓国·朝鮮人24.7%、そして、ベトナム、ネパール、ミャンマー、と続きます。アメリカ人は6番目2.4%、イギリス人は10番目0.9%です。

その中には、留学生のように期間限定の滞在者もいれば、永住している人もいるし、難民として渡ってきた人も。

 

そこでは例えばこんな課題があるそうです。

  • 高齢の外国人住民。介護施設で職員と言葉が通じなかったり、周囲から孤立してしまう。在宅でも、家の電球を交換したいので手伝って、といった些細な日常生活のニーズに、どう応えるか。
  • 小さな子供のいる外国人の母親。子供が学校から持ち帰るお知らせプリント類が読めない。日本語を学びたいけれど、託児サービス付の語学学習の場がない。
  • 留学生。日本語は学んでも、日本人コミュニティとの接点を持つきっかけが掴めないまま帰国してしまう。
  • 消防署。外国人住民にも防災訓練を受けてほしいが、多言語に対応しきれない。

 

近くにいながらどこか遠い隣人達の、そんな課題の数々ですが、それに取り組む企業や団体の方々のお話をうかがっていると『人と人が顔を合わせて地道に繋がっていくこと』から解決の扉が開いていくと感じられました。

 

私自身、かつて香港に移住して永住権を取得しています。外国人でありながら、不安もなく暮らしていられたのは、現地の人々のコミュニティに深く受け入れてもらっていたから。外国人向けの行政サービスを受けたことはありませんが、そんなサービスを探さなくても、街の人々が常にさり気なく、いつでもどこでも、どんな場面でもとても自然に助けてくれた毎日だったのです。それは時に、こちらが助けられていると気がつかないほど自然に。

 

外国人住民も、通りすがりのお客様ではなく、同じ隣人。そんな意識が醸成されることがとても大切だと思うのです。

そしてそれは、仙台四郎が大切にされていた、当時の仙台の街とも通じるものがきっとあるはずですね。

4月6日「四郎の日」記念 無料プレゼント♪

今年も4月6日がやってきました!

そう、「四郎の日」ですよ~♪

ということで、毎年恒例のプレゼント企画!

携帯待ち受け画像をご用意しました。

今回は、すまいる四郎と仲間たちが、桜色に染まった地面に寝転んで、笑顔で空を見上げているイラストです。

 

描いてくれたのは、すまいる四郎デザイナーの大ちゃん。昨年に引き続き、好評の切り絵タッチで仕上げてくれました。

「イヤ~ほんと最近忙しくてね。桜は散って季節は変わって行くけど、そんな自分を客観的に俯瞰で見れたとしたら、日々笑って過ごしているかな?自分のために時間を使ってるかな?なんて思ったのが今回のイラストのテーマです」とのこと。ふ、深い!

 

自分自身を大切にする時間を、そして誰かと一緒に心から笑える時間を、気忙しい日々の生活のなかに僅かでも取り入れられたらステキですね。

ダウンロードはこちら↓↓↓からご自由にどうぞ!

ダウンロード
2017四郎の日待ち受け画像.jpg
JPEGファイル 740.4 KB

【リビング仙台】に掲載いただきました♪

やしゃごの朝子です。

 

春は転勤の季節ですね。そこで、新しく仙台で暮らし始める皆様にオススメなのが【リビング仙台】。女性のための生活情報サイトで、HPのほか、紙媒体の情報誌も無料で配布されています。

 

3/25号では、転勤ミセスの疑問に答える形で、仙台の面白さを特集しています。

 

その疑問の一つは、もちろん【アーケードを歩くと目に入る「仙台四郎」って何者?】

 

そうですよね~!不思議ですよね~!(笑)

 

 

ということで、仙台リビング新聞社の方から取材いただきました。

「すまいる四郎」のイラスト集・キーホルダー・LINEスタンプのことも、2面でご紹介いただきましたよ🎵


他にも、仙台のご当地イベントやセミナー、お得情報など満載です。

詳しくは、ぜひこちらより誌面をご覧くださいね~!

災害時 通訳・翻訳対応訓練を見学してきました

やしゃごの朝子です。

 

先日、東京都港区が開催する、国際防災ボランティア向けの災害時通訳翻訳対応訓練を見学してきました。

 

港区には、区内に在住・在勤の語学力をお持ちの方が、災害時にボランティアとして活動できるように事前に登録できる制度があります。登録者は複数回にわたる防災講座を受講し、知識・実践面で準備しています。

 

訓練を受けた参加者の皆さんは、もともと外国語を使ったボランティアに興味があって参加された方がほとんどのようですが、区が提供する一連の防災講座を受講し、語学力+防災のスキルを高めることも楽しんでいらっしゃいました。

 

 

 

私がお邪魔させていただいたこの日は、被災者役の外国人も招いて、発災時の避難所を想定した「窓口相談通訳訓練」「避難所巡回訓練」「外国語・やさしい日本語での翻訳ポスター作成訓練」が行われていました。

 

 

訓練の目的は、外国人からの相談を区役所職員に正確に伝えること。区の回答や情報を、外国人住民に分かりやすく伝えること。

 

 

写真は、避難所にいる外国人の方々に、困っていることがないか、どのようなサービスがあったらよいかを丁寧に聴き取る訓練の様子です。

 

こちらの写真は、日本語の掲示物を外国語にわかりやすく翻訳しているところ。

 

単に言葉を置き換えるだけでなく、どのように表現したら一番大切なメッセージが直感的に伝わりやすくなるでしょう? 参加者の方々は、文言やビジュアル面でもあれこれ工夫を凝らしていらっしゃいました。

 

実際に外国人の方からの質問や、生の意見に触れてみると、単に一般的な語学力だけでなく、防災の知識や経験も問われる場面がしばしば。

 

災害時の外国人対応は、どの地域でも課題となるはずですが、このような取り組みはまだ一般的とは言えません。港区の事例は先進的で、多くの地域でも参考になると感じました。

「防災」のチカラ

やしゃごの朝子です。

 

ふたたびこの日が巡ってきました。

もう6年。まだ6年。

人によって、様々な想いがあることでしょう。

皆さんはいかがでしょうか。

 

私自身は「もう」も「まだ」も両方あるように感じています。

人生で初めて、あんなに揺れる地震を体験したこと。それをきっかけに、NGO業界に転職して震災支援業務に従事したこと。

同情より好感を持たれる東北に、という想いで「すまいる四郎」プロジェクトを立ち上げ、ソーシャルビジネスを開始したこと。

防災をテーマに講師活動をすることになったこと。

 

そんな、予想もしなかった人生展開を駆け抜けた月日はあっという間で、

「もう6年か~」と感じる一方、

「まだまだ、防災をテーマにやるべきこと&やりたいことが沢山あるな」と思っています。

 

東日本大震災以来、大勢の方々が感じてきた気持ち。

それを無駄にしないためのキーワードが「防災」。

 

そして「防災」という言葉には、実に多くの要素と可能性が含まれていると思うのです。なぜなら、防災とは、人と人とを繋ぐものだから。

 

一人では難しいことも、手を携えれば出来ることが沢山あります。その前提として、普段から周囲の人々との良質のお付き合いがあることがポイントになります。

 

普段から周囲の人々と信頼しあえる関係性をつくること。

それはしかし、「防災活動の目的」ではありません。

被災地で「防災力が機能した結果」として、発見された要素なのです。

つまり、人との繋がりにある潜在力の一つが、防災力。 

 

ところで、誰かと信頼できる繋がりが機能している日常は、なによりも安心で楽しいものですよね。

そんな楽しさの延長線上に、もれなく防災力がついてくるのです。

 

そこで、【人との信頼できる良質な繋がり=防災力】だとすれば、

 

防災力は、自分や周囲を元気にするチカラ。

防災力は、地域や社会を活性化するチカラ。

防災力は、世界を幸せにするチカラ。

 

だからこそ、「防災」を大切なキーワードの一つとして、今後も活動していきたいと思っています。 

 

 

【世界青年の船】防災コース講師のお仕事

やしゃごの朝子です。

久しぶりのブログ更新となりましたが、皆様いかがおすごしでしょうか。

 

この一か月半、内閣府の研修事業【世界青年の船】に「防災活動のための人材育成コース」を担当する講師として参加してきました。世界11か国・約240名の青年達と向き合い、4か国を旅する船上研修の航海でした。

 

 

防災には社会全体による参加と連携が大切で、そこで自分たちはどんなリーダーシップを発揮していくことができるのか。そんなテーマのもとに集まった青年達からは、各国の災害事情や人道支援の取り組み事例など、私も多くのことを学びました。また、彼らが未来の抱負を語る姿に、沢山の希望と感動を与えてもらいました。

 

研修期間中の青年達は、新しい知識や経験をきっかけに、これまで自身を縛っていたであろう内面に潜む価値観を見つめなおす作業を毎日のように繰り返していきます。彼らにとって、それは充実しつつも時に苦しい作業だったことでしょう。授業時間だけでなく、食事をしながら、時には廊下の片隅の床に座り込んで、人生について深く語り合った彼らとの時間は、まさに人生の分かち合いでした。

 

 

リーダーシップとは、自分で自分の人生のハンドルを握る力。そして、自分につながる周りの人々を幸せに導くための力。

 

青年達はこれからの人生において様々な場面に遭遇することでしょうが、この船での経験と仲間との絆が、きっと彼らを生涯にわたって内面から支え続けてくれると、信じています。

 

 

船上研修中の様子は、こちらのブログで少しずつご紹介していきますね!


 

その他のカテゴリーについては、ブログトップページからどうぞ