やしゃごブログ 月別アーカイブ (2015年2月)


ヤル気を引き出すコミュニケーション

やしゃごの朝子です。


内閣府主催の研修事業、シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ。今日は4回目の授業です。

昨日は横浜港から日本丸に乗って出航したばかり。船上研修2日目ということもあり、船酔いに悩まされる青年もちらほら出ましたが、みな頑張って出席してくれました。

 

さて、今日のテーマは、ヤル気を引き出すコミュニケーションのコツ。

 

企業であれば、お給料という対価があるから従業員は働きます。でも、ボランティア活動だと、ヤル気が高いのはリーダーのみで、他のメンバーとの間に温度差が・・・というのはよくある話。雇用契約関係があるわけでもないボランティア組織では、強制的にメンバーを活動させることも出来ず、そのうち組織が空中分裂なんていうことにもなりかねません。

続きを読む

沖縄で、東北の課題を、世界の仲間と考える

やしゃごの朝子です。

内閣府の事業「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」。横浜から出航して4日目、今日は沖縄国際大学の皆さんを世界の若者たちとともに訪問しています。

沖縄国際大学には福祉・ボランティア支援室というセクションがあり、学生さん達がボランティア社会貢献活動に活発に取り組んでいらっしゃいます。

そこで、貧困と防災の二つのテーマをもとに、前半は学生さん達の課題意識や取り組みをうかがい、後半はワークショップ形式で、皆でディスカッションの時間を持ちました。

続きを読む

ボランティア、とは。

やしゃごの朝子です。

 

世界11か国の青年達とボランティアについて考える旅。

いよいよ船上研修も終わりに近づき、今日は発表会です。

ボランティアってなんだろう?

 

誰もが知っているようでいて、いざ問いかけられるとはっきりと答えられない質問の一つではないでしょうか。

 

さて、5回の授業を通しての気づきや学びをもとに、彼らはこんな定義を自分たちで生み出してくれました。


『ボランティアとは、世界を変えよう、世界にポジティブな貢献をしようという情熱があり、そのために自発的に行動する人のこと』

 

実は、この発表の準備をしていた時に、「報酬を求めず」という言葉も定義に含めるかどうかで、議論になりました。

 

報酬って、そもそも何を含めるの?

精神的な満足感?

金銭的な収入?

 

そして、ここまでの授業や各地への訪問で、彼らが見聞きし感じてきたことから、こんな意見が出ました。

 

相手の笑顔によって、自分たちも幸せな気分になれること。

活動にはコストがかかるため、どこかから何かしらの方法で収入源を確保せざるを得ないこと。

だからやっぱり、「報酬を求めず」と言いきることには語弊がある。

 

どんな結論に至るかな~と、ドキドキしながら彼らの議論を見守っていた私ですが、そんな風に多面的な視点から捉えてくれた彼らの姿に成長を感じて嬉しかったり。

続きを読む

たかたのゆめ

やしゃごの朝子です。

内閣府の「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」。世界11か国の青年達と、陸前高田市を訪れています。
今日は、総合営農指導センターにて、ブランド米「たかたのゆめ」についてお話を伺ってきました。

陸前高田市は津波により農耕地と作物に深刻な被害を受けました。第一次産業の復興は、市の重要な焦点となっています。


「たかたのゆめ」はJTグループによって2000年に開発された、東北地方の気候に適した新種米。震災から9か月後に、陸前高田への農業支援の一環として、JTグループから種もみ所有権が提供され、2012年6月に作付が開始されたそうです。

「たかたのゆめ」は市の一次産業再生に大いに貢献する新ブランド米となっています。譲り受けたわずかな種もみも、2015年には260トンの収穫となったとか。このお米を用いた様々な商品開発もすすみ、地域の復興シンボルとして人々の高い期待を集めています。

続きを読む

船上研修の次は・・・海外研修!

やしゃごの朝子です。

船室の窓から見上げると、そこには東京湾のレインボーブリッジが!

約10日間の陸上研修、つづく約10日間の船上研修を終え、いよいよ船は、東京の晴海ふ頭へと到着です。

世界11か国の若者達と共に過ごした20日間、いよいよ今日はお別れの時です。港では成田空港行きのバスが待っていて、外国人青年達はそれぞれの国へと戻っていきます。

 

ホールでは、別れを惜しんでみんな大号泣!

 

でも、この研修。実はまだまだ続くのですw

日本人青年達は、このまま海外研修へ。私も、担当するボランティア精神コースの青年達とともに、このままスリランカへ向かいます。陸上研修→船上研修→海外研修。がんばれ、研修トライアスロン!

スリランカでのホームステイ

やしゃごの朝子です。


グローバルリーダー育成の旅。日本人青年達を引率して、スリランカに来ています。


今日は、地方都市の小さな村にお邪魔しています。

ここで青年達は、一泊二日のホームステイを体験をする予定。


ホストファミリーの皆様方が待つ集合場所の入り口では、美しい民族舞踊で温かく歓迎いただきました!


続きを読む

一族を挙げてのおもてなし

やしゃごの朝子です。


ホームステイから一夜明けた今朝のプログラムは、ホストファミリーの皆さんと青年達が全員で出かける遠足です。


向かうは世界遺産の「シーギリヤロック」。妖艶で美しい女性の壁画で有名です。


スリランカの祝日にあたっていたため、皆さん家族総出で参加してくださいました。ホストファミリーの小さな子ども達と、手をつないで一緒に岩に登る青年達。たった一晩で、すっかり懐かれています。



続きを読む

スリランカ訪問~津波と内戦の過去を乗り越え

やしゃごの朝子です。


船上研修の次は、海外研修!日本人青年達を引率して、スリランカに来ています。

今日はある村の病院で、地元の子ども達と一緒にボランティア活動です。外壁をきれいに磨き、白いペンキを塗りました。

この村は、スリランカの東部の沿海部に位置します。スリランカに津波が襲った時には、この村も被災しました。また、近年まで続いた内戦でも紛争の舞台となり、都市として発展することなく、また外国人が訪れることの無かった地域です。

 

 

続きを読む

ボランティア活動の経済効果

やしゃごの朝子です。

 

今日は、日本の青年達とともに、スリランカの「National Volunteering Secretariat」を訪問してきました。政府の下部組織として、ボランティアのコーディネート、ファシリテート、そしてボランティアの促進を行う専門機関です。

 

国を挙げてボランティア支援施策を積極的に講じているというのは、非常に先進的な取組です。

 

注目したいのは、ボランティア希望者の登録データベースを運営していること。日本でもJICAがデータベース化を開始することになりましたが、こういった人材データベースを継続して管理・運営・更新するには、運営機関の高い信頼性と安定性が必要とされます。

 

 

続きを読む

真のリーダーシップとは?

やしゃごの朝子です。


世界11か国の青年達と、リーダーシップについて究める1か月。内閣府「グローバルユースリーダー育成事業 シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」(旧「世界青年の船」)が無事終わりました。


青年達の豊かな感性、繊細な心の琴線が奏でる日々のハーモニーに、私自身も心が洗われる、キラキラした毎日でした。


ボランティア精神コースの指導担当として、私自身は2回目の乗船となる今回。1か月間で青年達がどのような成長曲線を辿るのか、ある程度はさまざまな場面を想定してはいたものの、やはり毎日がドラマ。


真のオトナへのステップを上り始めるお年頃の彼らに、どう接するのが最良なのか、正直悩ましいところでした。こちらの想定どおり(?)の悔し涙を流す姿には「よしよし」と心の中で頷いたり、かと思うと想定外の珍事件を引き起こす彼らを、時には仁王立ち(!)で叱ったり。

続きを読む

販売まで秒読み段階か?!

やしゃごの朝子です。


お久しぶりです!

 

さてさて、仙台四郎をモデルにした「すまいる四郎」のLINEスタンプ。

申請から1か月が経過しましたよ。承認まだかな~?ワクワク☆

 

左のイラストは、スタンプの一つですよ。可愛いでしょ~♡
・・・って、文字通り自画自賛(笑)

ここだけの話ねっ!