やしゃごブログ 月別アーカイブ (2015年6月)


Tシャツできた~♪

やしゃごの朝子です。

 

ユニクロのUTme!というアプリ。

皆さんご存知ですか?

これ、なかなか面白い!

 

実は私も昨日初めて知ったんですがw

 

何かというと、アプリ上で、自分だけのTシャツをデザインすることができて、しかも販売までできてしまう、というもの。

プリント・販売・代金回収は全てユニクロが行い、デザイナー側には、販売利益の中から1枚につき300円が支払われるという仕組み。

 

世の中、便利になりましたよね~。

 

これがあれば、すまいる四郎のTシャツも簡単に販売できちゃう♪

まだまだ駆け出しの仙台やしゃご屋にとって、先行投資が必要なく物品販売が開始できるとは、夢のようなシステムです!

 

ということで、すまいる四郎のデザイン画で、さっそく何種類か作って販売開始しました。

これね、嬉しいことに、お揃いのトートバッグまで作れちゃうんですよ♪

 

ご関心をお持ちの方は、グッズ販売のページをご覧ください♡


続きを読む

カフェで神社イベント!

やしゃごの朝子です。

仙台やしゃご屋のアドバイザーは、なんと神社の宮司さん!

写真は、大阪「願いの宮」の宮司、桃山きよ志さんと。仙台やしゃご屋活動開始当時から相談にのっていただいています。

お宮では、参拝客一人一人と丁寧に対話し、願いを神様に取り次いでくださるというスタイル。まるでカウンセリングかコーチングを受けているようです。伝統を守りつつも今の時代にあった活動をおこなっていて、そのバランス感覚が、メディアでも注目されています。

 

普段は大阪にて全国各地から参拝される方々の対応をなさってますが、昨日は桃山さんが東京にご出張。カフェを貸し切ったお願い取次イベント「東京NEGAINOMIYA」を開催されてました。

 

続きを読む

ステキな出会い♪

「実は仙台四郎の親族なんです」とカミングアウトすると、四郎をご存じの方には「え~~~っ!」とびっくりされることがあります。


 ロッテFit'sの恋に効くアプリも監修なさっている西洋占星術師・逢坂杏さんも、そんなお一人。数々のご著書もあり、著作家&講師として多方面でご活躍の方です。


先日、仙台やしゃご屋アドバイザーの宮司・桃山きよ志さんが主催する 東京NEGAINOMIYAというイベントで、ご紹介いただきお目にかかりました。

以前、開運本の出版に関わられたことがきっかけで、仙台四郎についてかなりお詳しい逢坂さん。そんなご縁もあって、私との出会いを楽しんでくださり、早速ブログに書いてくださいました!ありがとうございます~♡


逢坂さん、とっても気さく&フレンドリーなお人柄。そして湧き出る泉のように、次々とアイディアや情報を下さいます。とにかく引き出しが多くて、その内容があまりにも「私が欲しかった情報はそれなんですぅ~~!」というものばかり。なんて運命的な出会い!


逢坂さんのブログはこちらから→http://blog.livedoor.jp/ousaka168/


続きを読む

FNNの番組で、仙台四郎が紹介されてました~!

6月5日のFNNニュース「みんなのふるさと」コーナーで、仙台四郎について紹介されてました♪

「仙台四郎さんがすごい偉大なことを残したって感じじゃぁないんですか?」「ちなみに仙台太郎さんはいないんですか?」というスタジオからの素朴な質問に、レポーターさんちょっとお困りのご様子(笑)。

FNNさ~ん。四郎が偉業を成し遂げたというより、四郎を温かく受け入れてくださった街の皆さまが福の神様のように温かかったということなんですよ~。太郎の玄孫なら、ここにいますよ~。

・・・というのは、私の心のつぶやきですがw

以下、FNNサイトから、紹介文の抜粋です。
全国各地の「伝えたい」、「遺(のこ)したい」、「広めたい」ものを紹介する「みんなのふるさと」。
宮城・仙台市の商店街のあらゆる場所で、にこっとした笑顔の男性を見かけます。
この男性は「仙台四郎さん」という福の神。
江戸時代から明治時代にかけて実在した人物で、いつも、にこにこと街を練り歩き、立ち寄ったお店が必ず繁盛したことから、大変人気を集め、愛されていたそうです。
みんなにっこり、福の神「仙台四郎さん」を、仙台放送の稲垣 龍太郎アナウンサーが紹介します。

Youtubeに番組がアップされてました。どうぞご覧くださ~い!

続きを読む

【仙台四郎物語~四郎、誘拐されるの巻~】

やしゃごの朝子です。

 

仙台ではメジャーな存在、仙台四郎☆
その四郎が繋いでくれた嬉しい出会いがあったので、ご紹介させていただきます。

 

8月23日(日)、仙台電力ホール(座席数1500!)にて、歌と踊りの震災チャリティイベント「仙台四郎まつり」が開催されるそうです。

 

そしてそして。イベントの目玉は演劇「仙台四郎物語」!
老若男女が楽しめる30分ほどのコメディー作品です♪

 

今回ご縁をいただいたのが、この演劇を手掛けていらっしゃる「仙台しろう会」さん。仙台四郎の"しろう"と、仙台四郎を通じて仙台市をもっと"知っていこう"という言葉をかけて命名されたんだそうです。

 

会の主宰で作・演出を手掛ける渡邊八房さんがおっしゃるには、

 

 『まず、今回の舞台を皮切りに「仙台四郎物語」のシリーズを各地で上演できれば、もっともっと仙台四郎さんの名前が浸透し、そのご利益を授かる方も増えていくのではないか。そんなことを考えております。

 

 今回のようなホールだけではなく、公民館や仮設住宅などをまわり、30分の笑いを提供できればと思っております。』とのこと。

続きを読む

仙台四郎を英語で案内してみよう

やしゃごの朝子です。


仙台を語る上で、仙台四郎は外せません!


「仙台ってどんなところ?何がおすすめ?」「仙台四郎って何?」「仙台のおみやげ買うとしたら?」「見所は?」

自分たちが住んでいる地元を英語で伝えられたらどんな未来がまっているでしょう?英語が上達する。外国人の友達が増える。そして英語で話すには、まずは日本語で地元のことを知らないとですね。


そう、地元を英語で語るを学ぶと、英語力のアップと自分の住んでいるまちをもっと好きになる。こんな豊かなことはありません!なにより自分が豊かになることが大切。

続きを読む

四郎と鉄砲屋と私

やしゃごの朝子です。

 

仙台四郎は鉄砲鍛冶屋の四男と言われています。そこで、鉄砲屋家業について私自身の子どもの頃の記憶と絡めて少し書いてみたいと思います。

 

芳賀家は江戸時代から鉄砲と火薬を取り扱っており、幕末には仙台藩に数百丁の鉄砲を献納していました。火縄銃作りは明治20年頃まで続いたそうです。今でも本家の人々は鉄砲や火薬の取り扱いと、花火の製造を行っています。

 

私が小学生だったある日、歴史の教科書に鉄砲伝来と火縄銃のことが書かれていました。芳賀家の末っ子だった祖父は分家となり、家業からは離れていましたが、「うちで作っていた火縄銃が本家の蔵にあるはずだ!」と、わざわざ写真を撮ってきてくれたのを覚えています。

 

毎年狩猟シーズンになると、芳賀家の男性陣は親戚同士誘い合わせて山に鉄砲を担いでいくのが恒例でした。祖父や父が鉄砲を大事そうに磨いて手入れをする姿は、私の子供の頃の記憶の一部として印象に残っています。また、祖父に頼んで花火工場に連れて行ってもらい、夏休みの自由研究に「花火が出来るまで」というレポートを作成したこともありました。

 

さて、そんな芳賀家の打ち上げ花火ですが、仙台七夕の前夜祭で毎年打ち上げられていますので、ご覧になったことのある方も多いかと思います。

 

Youtubeで検索したところ、2013年土浦での花火大会に芳賀火工が参加した時の動画を見つけましたのでシェアします。タイトルは「雨上がりの虹のように」。虹の彼方にという曲に合わせた構成になっていますので、できたら音声をONにしてお楽しみください。撮影&投稿くださった方、ありがとうございます!

続きを読む

6月19日の河北新報1面および社会面に掲載されました!

やしゃごの朝子です。

 

2015年6月19日の河北新報朝刊に、記事を掲載いただきました!

なんと、一面には「新 福の神 すまいる四郎登場」という見出し。そして社会面トップに、私の顔写真入りの記事が~!

 

今回、わざわざ東京までインタビューにいらしてくださった記者の松田博英さんには、こちらの想いを愛ある記事にまとめ上げていただき大感謝です。


昨年秋から始めた、仙台四郎のご当地キャラクター「すまいる四郎」による東北復興支援活動。改めて、こういう形で世の中にご紹介いただき、決意を「宣言」させていただいたような、気の引き締まる思いでいます。

 

そして、ここまで様々な形で応援くださった大勢の皆様へも改めてお礼申し上げます。これからますます頑張りますので、引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします!


(オンライン版は、こちらから)

続きを読む

舞台「仙台四郎物語〜四郎、誘拐されるの巻〜」

やしゃごの朝子です。

なんとこの夏、仙台四郎を主人公にしたお芝居が上演されます!


 重要なお知らせ(追記)

上演予定時間が、当初の14:00から13:30に変更になりました!!
上演時間帯がさらに早まる可能性もあるので、

観劇なさる方は、時間に余裕を持ってお越しくださいとのこと。
仙台しろう会の皆さん、がんばってくださいね~!



舞台「仙台四郎物語〜四郎、誘拐されるの巻〜」
2015年8月23日(日)13:30頃(←最新情報!)
場所/仙台・電力ホール「仙台四郎まつり」にて上演
入場料/2000円

 

この度、お初にお目にかかる今回の物語は、やや、ナントいきなり四郎が誘拐されてしまうのだからオドロキだ!!
果たして四郎の運命はいかに!!われら仙台しろう会がおくる笑いと涙の物語、乞うご期待!!

 

企画・制作/仙台しろう会 
作・演出/渡邊八房 
協力/仙台やしゃご屋 
出演/安西恵摩・阿比留真子・庄子誠・瀬尾絵利香・後藤絢香・丸山藍・山口諒・津島肇
■仙台しろう会/仙台四郎さんの舞台を通じて「もっと仙台をしろう」と立上がった団体です。
現在公演場所・参加者募集中!!  
〒981-0913仙台市青葉区昭和町2-23studio8 
☎022(395)7845 メール 4@tkpro.jp

 

企画・制作は「仙台しろう会」さん。今回の上演を皮切りに、仮設住宅含め、東北各地でもお招きがあれば上演なさるそうですよ。ご関心をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ仙台しろう会さんへご連絡くださいね!

 

今回の公演には、仙台やしゃご屋も「すまいる四郎」のイラストをご提供しています(そのポスターがこれ♪)

8月の公演が楽しみですね~!

続きを読む 0 コメント

ソーシャルビジネスとして歩む

やしゃごの朝子です。

先日、河北新報にインタビュー記事を掲載いただきました(その時のブログ記事はこちら)。お陰様で新聞記事の効果は大きく、直後からコラボのお問合せが!しかも、皆さん復興に向けた高い志をお持ちの、とても素晴らしい方々ばかりなんです。

ところで、ここでいう「コラボ」とは、ソーシャルビジネスを前提としています。

 

私自身、20年以上におよぶ非営利団体での活動歴があります。活動を起こしたり安定的に継続するには資金調達が欠かせませんが、その難しさは常に感じてきましたし、それがゆえに志を諦めたり、活動半ばで挫折するグループも沢山見てきました。

 

【すまいる四郎】のイラストは、もちろんボランティア活動に使っていただくことも想定しています。更には一歩進んで、出来る限り「ソーシャルビジネス」として、仙台やしゃご屋だけでなく、関わってくださる皆さんも一緒に、売り手・買い手・社会の「三方良し」の関係性を確立したいと思っています。


ですから、コラボくださる方々とは、単なる提携先というより、社会貢献に向けて一緒に歩むお仲間になっていただけたら嬉しいのです。そんなこちらの想いをお伝えしたところ、皆さん二つ返事で賛同してくださり、それも嬉しく感じています。

さっそくプロジェクトを進めるべく、いくつも打ち合わせがスタートしています。お陰様で、本当にステキなご縁に恵まれました。

続きを読む