タウンページで福来たる

やしゃごの朝子です。

 

なんと!すまいる四郎、ついにあの全国規模でメジャー誌の、カバーボーイ(?)になってしまいましたっ!!!

 

そうです、9月に宮城県の皆様のお手元に等しく届いたであろう、あのタウンページの表紙ですよ~。

いや~、はじめてNTTタウンページ様から企画のお話をうかがったときには、ほんっとにビックリしましたね。だって、県内の配布部数100万部以上ですから!

 

タウンページっていったら、全国の皆様がその存在に親しんできた歴史ある電話帳ですよ?

100万部って、書籍だったらミリオンセラー級の出版部数ですよ?

で、しかもその表紙に?!

うっわ~!!

 

(「タウンページ」は、NTT 東日本・NTT 西日本様が発行する、職業別電話帳です。宮城県版「タウンページ」とは、宮城県仙台市南版、宮城県仙台市北版、宮城県県北版、宮城県県東版、宮城県県南版、宮城県県中版、宮城県石巻市版の計 7 版。合計1,176,800部だそうです。)

 

宮城県版の今年度版のテーマは、「タウンページで福来る」です。担当者さんのお話によると、「タウンページが様々な人や事業者さんを繋ぐ架け橋となって、ますます皆様の商売繁盛のお役に立ちますように」という願いを込めてとのことで、表紙と連動した特集ページも今年度は仙台四郎という企画。

 

そんな流れで、やしゃご屋にイラスト掲載のお声がけをいただきました。皆様の商売繁盛のお役に立てるなら、こんなに嬉しいことはありません。もちろん二つ返事ですまいる四郎をご提供させていただくことに。イラストレーターの大ちゃんとも相談の結果、表紙には右手にタウンページ、左手に懐かしの黒電話の受話器を持っている四郎を切り絵タッチで描き、中央の素材としてご提供させていただきました。その後、NTTタウンページ様のほうで縁起の良さそうな可愛らしいステキな背景を組み合わせてくださり、完成したのがこの表紙♪

 

ちなみに、配布地区によって、背景色にバラエティがあるんですよ~♪並べてみると、レインボーカラーで綺麗💖

 

 

で、ワクワクしながら表紙をめくると、目次のトップに

 

「仙台四郎特集」

 

その横に、すまいる四郎のイラストが🎶
NTTタウンページ様のさりげないお心遣いが嬉しすぎます!

 

それにしても、いや~、巻頭特集記事ですよ(;'∀')!!

(県南版を除きます)

 

で、こちらがその特集記事。

 

仙台四郎って?

仙台四郎の生い立ち

仙台四郎のご利益って?

 

という記事のあとは・・・

 

仙台市・宮城県の開運スポットの紹介記事へ!

改めてみてみると、沢山あるんですね。

 

青葉区の、仙台東照宮・定義山西方寺・大崎八幡宮・野中神社

宮城野区の、榴岡天満宮

太白区の、秋保大滝不動尊

塩釜市の、塩釜神社

そして石巻市の、黄金山神社・・・え?「3年参拝すると金運UP」ですって!これは通わねば~。

 

「ご利益をいただいて、みんな笑顔になろう!」

うんうん、みんなで笑顔になっちゃいましょ~🎶

 

 

 

で、もちろん今回、こういう形でイラストを採用いただけたことは、とても嬉しいことなのですが。

防災をテーマにした活動にも力を入れているやしゃご屋としては、この機会にもう一つお伝えしたいことがあります。

 

このタウンページを手に取られた皆様に、必ず併せてご覧いただきたいもの

それは、同時に配布されている別冊の【防災タウンページ】です。

 

災害が発生したとき持ち出しが容易になるように、軽量でコンパクトな B5 サイズの別冊です。

これには、

  • 防災情報提供サービスなどをはじめ、自主防災活動の推奨や、日々の防災意識啓発に向けた情報が掲載されています。
  • お届けエリアの避難所情報や、公衆電話の設置場所を記載した「別紙 公衆電話・避難所マップ」も同封されています。
  • さらに仙台市版では、水害・土砂災害のおそれのある区域を最新化したハザードマップも掲載されているんです。

 

これ、大事なので、もう一度繰り返しますね。

 

水害・土砂災害のおそれのある区域を最新化したハザードマップも掲載されているんです。

 

自然災害では、地震についで水害や土砂災害も非常に大きな影響を及ぼすことは、皆様も実感されていらっしゃると思います。

では、ご自身がお住いの地域にどんな危険が予想されているか、皆様はご存知ですか?

 

自然災害の発生自体は、残念ながら防ぐことができません。

でも、災害に備えることで、被害の程度は減らすことが可能です!

 

備えるには、まず自分自身の身を守ることから。

そのためには、まず自分を取り巻く環境をよく知ることから。

 

ハザードマップ自体は各自治体が公表しているものですので、希望する人はいつでも入手可能な情報です。

とはいえ、能動的に自ら確認する方ばかりではないと思います。

ですので、全ての家庭・事業所に配布されるタウンページという情報媒体に、「防災タウンページ」が一緒に配布されることの意義は、とてもとても大きい、と思います。

 

ということで、やしゃご屋からもお願いです。

 

皆さま、ぜひこのタウンページを、防災タウンページと併せてお手元においてください。

ご家族や職場の皆様でご一緒に、ハザードマップを広げてみてください。

ご自身や大切な人の身を守るため、どうしたらいいか話題にしてみてください。

 

「タウンページで福来たる」

「みんなに笑顔をおすそ分け」

 

皆様の毎日が、商売繁盛はもちろん、心から安心して暮らせる、安全で穏やかな、笑顔溢れる日々でありますように。

タウンページが、その笑顔をお手伝いする、皆様の暮らしのパートナーとなりますように。