仙台四郎のとこさ、よぐござりすたなゃ          

実在した商売繁盛の福の神様 【仙台四郎】

仙台四郎は、江戸末期から明治にかけて、宮城県仙台市に実在した人物です。常に笑顔を絶やさず、街の人々から愛されていました。

 

「仙台市長を知らずとも、四郎を知らない人はいない」といわれるほど存命中から超有名で、その動向は常に地元のメディアに取り上げられるほど。

 

四郎さんが立ち寄ったお店はことごとく繁盛し、四郎さんが抱っこした子どもは丈夫に育った・・・などという数々のエピソードが言い伝えられ、当時の新聞や多くの歴史資料に、その記録が残されています。

 

今でも宮城県・仙台を中心とした地域では、多くの人々から親しまれ、大切にされている、民間から生まれた福の神様です。


仙台四郎, 仙臺四郎


こんにちは!すまいる四郎です♪

仙台四郎, 仙臺四郎, すまいる四郎

すまいる四郎イラスト、東北復興に向けた活動・商品にご活用いただいています!

アトラク東北様すまいる四郎アイコン集
(外国人のお客様とのコミュニケーションツールとしてお使いいただけます。ご自由にダウンロードください♪)

東洋工芸株式会社様:すまいる四郎アクリルキーホルダー

 

仙台しろう会様:舞台「仙台四郎物語」ポスター

KEND企画様:招福クローバーグッズ

みやぎセルプ協働受注センター様:ナイスハートバザールin せんだい看板&チラシ

ASA中野南部支店様:皇室献上米生産農家のコシヒカリ



すまいる四郎は、復興を楽しく加速します

東北の魅力発信

イラスト提供

グッズ販売

人材育成



お知らせ

仙台四郎, 仙臺四郎, 仙台やしゃご屋, 河北新報
仙台四郎, 仙臺四郎, 仙台やしゃご屋, 河北新報


仙台やしゃご屋について


四郎の長兄の玄孫(やしゃご)です

 このウェブサイトは、東北復興に向けたお手伝いを目的に、四郎の親族が運営しています。仙台四郎の生い立ちやご利益の秘訣、キャラクター「すまいる四郎」、親族の想い等についてご興味をお持ちの方は、他のページもどうぞ併せてご覧ください。



やしゃごブログ

外国人と共に生きる街をつくる

やしゃごの朝子です。

先日、東京都新宿区多文化共生連絡会の会合へ行ってきました。


新宿区では住民の一割が外国人、大久保地区ではなんと四割ともいいます。そんな新宿区で、地域住民と外国人がいかに共生していけるのか?というのがこちらでの大きな課題です。

 

私が子供の頃、外国といえばアメリカやイギリスのイメージが強かったものでしたが、平成29年の新宿区の外国人人口構成比は、中国人36.6%、韓国·朝鮮人24.7%、そして、ベトナム、ネパール、ミャンマー、と続きます。アメリカ人は6番目2.4%、イギリス人は10番目0.9%です。

続きを読む

4月6日「四郎の日」記念 無料プレゼント♪

今年も4月6日がやってきました!

そう、「四郎の日」ですよ~♪

ということで、毎年恒例のプレゼント企画!

携帯待ち受け画像をご用意しました。

今回は、すまいる四郎と仲間たちが、桜色に染まった地面に寝転んで、笑顔で空を見上げているイラストです。

 

描いてくれたのは、すまいる四郎デザイナーの大ちゃん。昨年に引き続き、好評の切り絵タッチで仕上げてくれました。

「イヤ~ほんと最近忙しくてね。桜は散って季節は変わって行くけど、そんな自分を客観的に俯瞰で見れたとしたら、日々笑って過ごしているかな?自分のために時間を使ってるかな?なんて思ったのが今回のイラストのテーマです」とのこと。ふ、深い!

 

自分自身を大切にする時間を、そして誰かと一緒に心から笑える時間を、気忙しい日々の生活のなかに僅かでも取り入れられたらステキですね。

ダウンロードはこちら↓↓↓からご自由にどうぞ!

続きを読む

【リビング仙台】に掲載いただきました♪

やしゃごの朝子です。

 

春は転勤の季節ですね。そこで、新しく仙台で暮らし始める皆様にオススメなのが【リビング仙台】。女性のための生活情報サイトで、HPのほか、紙媒体の情報誌も無料で配布されています。

 

3/25号では、転勤ミセスの疑問に答える形で、仙台の面白さを特集しています。

 

その疑問の一つは、もちろん【アーケードを歩くと目に入る「仙台四郎」って何者?】

 

そうですよね~!不思議ですよね~!(笑)

 

 

ということで、仙台リビング新聞社の方から取材いただきました。

続きを読む

災害時 通訳・翻訳対応訓練を見学してきました

やしゃごの朝子です。

 

先日、東京都港区が開催する、国際防災ボランティア向けの災害時通訳翻訳対応訓練を見学してきました。

 

港区には、区内に在住・在勤の語学力をお持ちの方が、災害時にボランティアとして活動できるように事前に登録できる制度があります。登録者は複数回にわたる防災講座を受講し、知識・実践面で準備しています。

 

訓練を受けた参加者の皆さんは、もともと外国語を使ったボランティアに興味があって参加された方がほとんどのようですが、区が提供する一連の防災講座を受講し、語学力+防災のスキルを高めることも楽しんでいらっしゃいました。

 

 

続きを読む

「防災」のチカラ

やしゃごの朝子です。

 

ふたたびこの日が巡ってきました。

もう6年。まだ6年。

人によって、様々な想いがあることでしょう。

皆さんはいかがでしょうか。

 

私自身は「もう」も「まだ」も両方あるように感じています。

人生で初めて、あんなに揺れる地震を体験したこと。それをきっかけに、NGO業界に転職して震災支援業務に従事したこと。

同情より好感を持たれる東北に、という想いで「すまいる四郎」プロジェクトを立ち上げ、ソーシャルビジネスを開始したこと。

防災をテーマに講師活動をすることになったこと。

 

そんな、予想もしなかった人生展開を駆け抜けた月日はあっという間で、

「もう6年か~」と感じる一方、

「まだまだ、防災をテーマにやるべきこと&やりたいことが沢山あるな」と思っています。

 

続きを読む