仙台四郎のとこさ、よぐござりすたなゃ          

実在した商売繁盛の福の神様 【仙台四郎】

仙台四郎は、江戸末期から明治にかけて、宮城県仙台市に実在した人物です。常に笑顔を絶やさず、街の人々から愛されていました。

 

「仙台市長を知らずとも、四郎を知らない人はいない」といわれるほど存命中から超有名で、その動向は常に地元のメディアに取り上げられるほど。

 

四郎さんが立ち寄ったお店はことごとく繁盛し、四郎さんが抱っこした子どもは丈夫に育った・・・などという数々のエピソードが言い伝えられ、当時の新聞や多くの歴史資料に、その記録が残されています。

 

今でも宮城県・仙台を中心とした地域では、多くの人々から親しまれ、大切にされている、民間から生まれた福の神様です。


仙台四郎, 仙臺四郎


こんにちは!すまいる四郎です♪

仙台四郎, 仙臺四郎, すまいる四郎

微笑み返しのリマインダーです

笑う門には福来る。でも、忙しい毎日の生活では、ついつい微笑みを忘れがちだったりするよね。

そんなとき、このイラストが「ほらほら、にこっ♪」とリマインド。心のゆとりを取り戻して、幸福をどんどん招き入れてね!



すまいる四郎は、復興を楽しく加速します



仙台やしゃご屋について


四郎の長兄の玄孫(やしゃご)です

 このウェブサイトは、東北復興に向けたお手伝いを目的に、四郎の親族が運営しています。仙台四郎の生い立ちやご利益の秘訣、キャラクター「すまいる四郎」、親族の想い等についてご興味をお持ちの方は、他のページもどうぞ併せてご覧ください。



最新情報


ラジオ出演しました

やしゃごの朝子です。

 

今年の3月11日は、東日本大震災から9年目。

ということで、ラジオ番組にお招きいただきました~!

 

うかがったのは、こちら。

コミュニティ放送局の一つ、東京都江戸川区にある「FMえどがわ」さんです。

小岩駅から商店街を歩くと、大きな窓ガラスのスタジオ。収録・放送している音声が、ライブで道路に流れてきます。

 

 

続きを読む