仙台四郎のとこさ、よぐござりすたなゃ          

実在した商売繁盛の福の神様 【仙台四郎】

仙台四郎は、江戸末期から明治にかけて、宮城県仙台市に実在した人物です。常に笑顔を絶やさず、街の人々から愛されていました。

 

「仙台市長を知らずとも、四郎を知らない人はいない」といわれるほど存命中から超有名で、その動向は常に地元のメディアに取り上げられるほど。

 

四郎さんが立ち寄ったお店はことごとく繁盛し、四郎さんが抱っこした子どもは丈夫に育った・・・などという数々のエピソードが言い伝えられ、当時の新聞や多くの歴史資料に、その記録が残されています。

 

今でも宮城県・仙台を中心とした地域では、多くの人々から親しまれ、大切にされている、民間から生まれた福の神様です。


仙台四郎, 仙臺四郎


こんにちは!すまいる四郎です♪

仙台四郎, 仙臺四郎, すまいる四郎

すまいる四郎イラスト、東北復興に向けた活動・商品にご活用いただいています!

アトラク東北様すまいる四郎アイコン集
(外国人のお客様とのコミュニケーションツールとしてお使いいただけます。ご自由にダウンロードください♪)

東洋工芸株式会社様:すまいる四郎アクリルキーホルダー

 

仙台しろう会様:舞台「仙台四郎物語」ポスター

KEND企画様:招福クローバーグッズ

みやぎセルプ協働受注センター様:ナイスハートバザールin せんだい看板&チラシ

ASA中野南部支店様:皇室献上米生産農家のコシヒカリ



すまいる四郎は、復興を楽しく加速します

東北の魅力発信

イラスト提供

グッズ販売

人材育成



お知らせ

仙台四郎, 仙臺四郎, 仙台やしゃご屋, 河北新報
仙台四郎, 仙臺四郎, 仙台やしゃご屋, 河北新報


仙台やしゃご屋について


四郎の長兄の玄孫(やしゃご)です

 このウェブサイトは、東北復興に向けたお手伝いを目的に、四郎の親族が運営しています。仙台四郎の生い立ちやご利益の秘訣、キャラクター「すまいる四郎」、親族の想い等についてご興味をお持ちの方は、他のページもどうぞ併せてご覧ください。



やしゃごブログ

第9回ナイスハートバザールinせんだい+ノウフクマルシェ

やしゃごの朝子です。

今日は皆様にお知らせです。ただいま、すまいる四郎の看板が目印の『第9回ナイスハートバザールinせんだい+ノウフクマルシェ』開催中なんです♪

 

毎年、すまいる四郎をイメージキャラクターに採用いただいているこのイベント。今回は農産物も一緒の販売ということで、大根と人参を手にキュートな笑顔のすまいる四郎イラストもあしらったデザインとさせていただきました!

 

こちらで販売されている商品はどれも、宮城県・福島県の障がい者福祉事業所で働く障がい者の方々によって生産されたもの。商品の売り上げは、障がい者の方々のお給料として支払われます。

 

ところで、なぜ私がこちらのイベントに毎年ご協力させていただいているのか、改めてちょっと書いてみたいと思います。

 

 

続きを読む

しんじゅく防災フェスタ2017

やしゃごの朝子です。

 

防災を楽しく学べるイベントを。一人でも家族連れでも、外国人も障害をお持ちの方も、多様な視点から共に学べるプログラムを。

 

そんな思いを込めて作られた【しんじゅく防災フェスタ2017】は、地域の行政と企業と市民が一体となって作り上げたイベントです。

 

楽しみながら防災を学ぶ工夫を沢山ちりばめた甲斐があり、地域の子どもたちをはじめ大勢の来場者で大賑わいでした。

 

続きを読む

災害発生直後の避難所に災害弱者。どう対応する?

やしゃごの朝子です。

 

妊婦さん、乳幼児連れの家族、障害者、お年寄り、外国人、etc。災害時の避難所には多様なニーズを持つ人々が集まります。中には何らかの特別な配慮を必要とする人々も。

 

もし自分が地域の避難所運営担当者だったとしたら、その状況にどう対応しますか?

今日は、そんな状況を机上でシミュレーションする避難所運営ゲーム【HUG】の体験会に参加してきました。

続きを読む

避難所に外国人。あなたならどうする?

やしゃごの朝子です。

 

災害時に避難所に集まるのは、地元住民だけとは限りません。地域によっても違うでしょうが、実際には様々な背景をもつ外国人達も沢山避難してくることでしょう。

 

そんな時、避難所という空間と災害時という特殊な状況において、外国人避難者達とどう共生するのが良いのでしょうか。

 

そこで今日は、多文化防災ワークショップという勉強会に参加してきました。

 

日本語で情報を得にくい、日本語でのコミュニケーションが難しい外国人と、避難所運営に携わる地元住民との間のトラブルについて、東日本大震災の時に起きたトラブル実例をケーススタディとして、どう対応すれば良いかディスカッションを行います。

 

 

続きを読む

多文化防災街歩き

やしゃごの朝子です。

 

今年9月3日に予定されている『しんじゅく防災フェスタ2017』。私は外国人来場者の皆さんをお世話する「語学ボランティア」さんたちのコーディネーター役として関わっています。

大勢のボランティアさんが、準備段階から関わってくださっています。この頼もしい助っ人の皆さんと当日のイベントを盛り上げることは勿論目標ではありますが、もっと大切なこと。それは、このイベントに関わる人たちが、準備段階から数々の研修を通じて、地域防災の担い手として育っていくことです。

 

そこで今日は、語学ボランティアさんを対象としたオリエンテーションを実施しました。午前中は「我が家の災害対応ワークショップ」。家庭内の備えについて話し合います。そして午後は「防災街歩き」。実際に街を歩きながら、街の特徴や現状を把握し、地域防災に必要なことを住民目線で考えます。

続きを読む