仙台四郎のとこさ、よぐござりすたなゃ          

実在した商売繁盛の福の神様 【仙台四郎】

仙台四郎は、江戸末期から明治にかけて、宮城県仙台市に実在した人物です。常に笑顔を絶やさず、街の人々から愛されていました。

 

「仙台市長を知らずとも、四郎を知らない人はいない」といわれるほど存命中から超有名で、その動向は常に地元のメディアに取り上げられるほど。

 

四郎さんが立ち寄ったお店はことごとく繁盛し、四郎さんが抱っこした子どもは丈夫に育った・・・などという数々のエピソードが言い伝えられ、当時の新聞や多くの歴史資料に、その記録が残されています。

 

今でも宮城県・仙台を中心とした地域では、多くの人々から親しまれ、大切にされている、民間から生まれた福の神様です。


仙台四郎, 仙臺四郎


こんにちは!すまいる四郎です♪

仙台四郎, 仙臺四郎, すまいる四郎

すまいる四郎イラスト、東北復興に向けた活動・商品にご活用いただいています!

NTTタウンページ株式会社東北営業本部様SENDAIおでかけMAP

アトラク東北様すまいる四郎アイコン集
(外国人のお客様とのコミュニケーションツールとしてお使いいただけます。ご自由にダウンロードください♪)

東洋工芸株式会社様:すまいる四郎アクリルキーホルダー

 みやぎセルプ協働受注センター様:ナイスハートバザールin せんだい看板&チラシ

仙台しろう会様:舞台「仙台四郎物語」ポスター

ASA中野南部支店様:皇室献上米生産農家のコシヒカリ

KEND企画様:招福クローバーグッズ



すまいる四郎は、復興を楽しく加速します

東北の魅力発信

イラスト提供

グッズ販売

人材育成



お知らせ

仙台四郎, 仙臺四郎, 仙台やしゃご屋, 河北新報
仙台四郎, 仙臺四郎, 仙台やしゃご屋, 河北新報


仙台やしゃご屋について


四郎の長兄の玄孫(やしゃご)です

 このウェブサイトは、東北復興に向けたお手伝いを目的に、四郎の親族が運営しています。仙台四郎の生い立ちやご利益の秘訣、キャラクター「すまいる四郎」、親族の想い等についてご興味をお持ちの方は、他のページもどうぞ併せてご覧ください。



やしゃごブログ

SENDAIおでかけMAP

SENDAIおでかけMAP 仙台観光マップ

やしゃごの朝子です。

 

今日は嬉しいご報告です。

なんと!

すまいる四郎が案内役の「SENDAIおでかけMAP」が出来たんです♪

実際の地図はA2サイズの紙に印刷されていて、四つに折りたたんであります。

↑これは地図の表紙にあたる、仙台市内中心部の部分。

 

続きを読む

ナイスハートバザール、始まりました!

やしゃごの朝子です。

そしてキャンペーンボーイ(?)の、すまいる四郎です♪

 

恒例の「ナイスハートバザール」、今年も5/28~31まで、仙台駅のステンドグラス前にて開催中です。 すまいる四郎も、文字通りの看板息子(?!)として、精一杯の笑顔で応援させていただいています!

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

4月6日は四郎の日!

やしゃごの朝子です。

 

さて、今年も4月6日ですね。そう「四郎の日」です!

ということで、恒例の「すまいる四郎待ち受け画像」 無料プレゼント♪

 

さてさて。先日の平昌オリンピックで金メダルに輝いた羽生結弦選手の活躍はステキでしたね~。仙台出身で、東北の復興に寄せる想いがあふれるスケートには、本当に感動しました。

 

そこで今年の待ち受け画像テーマは、【フィギュアスケート】にしてみましたよ♪ すまいる四郎と仲間たちが、気持ちよさそうに滑っているこの表情、いかがでしょうか? 

 

イラストを描いてくれた大ちゃん曰く、

「手前味噌ですが、我ながら四郎とサルくんの恍惚の表情がよく描けたよw イヌくんはトリプルアクセルに挑戦中です。あ、いま思いついたけどイヌくんにイナバウワーさせて『イヌバウワー』、サルくんにジャンプさせて『トリプルサルコウ』とかシャレ効かせればよかった…」とのこと(笑)。

 

ちなみに、ペンギンは「おもしろポーズ考えたらやっぱりうつ伏せで滑ってるところかな?と思って」ということですが、私はすまいる四郎へのプレゼントでリンクに投げ込まれたぬいぐるみかと思っちゃいました(笑)。

 

こちらのイラスト、2016年版2017年版に引き続き、切り絵タッチでふんわり仕上げています。

 

携帯の待ち受け画像としてご自由にお使いください。ダウンロードは、こちらからどうぞ↓↓↓

 

続きを読む

何ができるだろう?

やしゃごの朝子です。

 

7年前の今日。

想像を絶する大変なことが起きたことを知りました。

 

『今の私に、何ができるだろう?』

 

考えたすえ、NGO業界に転職。

東日本大震災の緊急支援・復興支援に携わり

多くの人々の「想い」に触れました。

 

2014年にNGOでの仕事が終了。

そこで、再び考えました。

 

『今の私に、何ができるだろう?』

 

そこで、東北の土地と人の魅力を伝えようと、

「すまいる四郎」をプロデュースすることにしました。

 

キャラクターを使った活動が進む一方で、

まだ何かできることがあるような気がしました。

 

『今の私に、何ができるだろう?』

 

そこで、防災をテーマにした研修講師の仕事を始めました。

あの災害を、言語化して、体系化して、

その学びに再現性を持たせること。

次世代を担う国内外の若者達に、

東日本大震災で出会った人々の「想い」を伝えるために。

 

これからも、自分に問い続けていこうと思います。

一人でも多くの、失われなくてよい命を守るために。

困難を生き抜いた人々が、尊厳のある人生を送れるように。

 

『今の私に、何ができるだろう?』

 

 

 

「世界青年の船」から帰国しました

やしゃごの朝子です。

私が毎年この時期に参加している内閣府主催【世界青年の船】事業。シンガポール・インド・スリランカを文字通り船で巡り、本日帰国しました。

 

11カ国、約240名の青年達と船上で過ごす一ヶ月半。私にとっては5回目の乗船で、今年も防災コースの指導を担当しました。

 

この船上研修では、はじめこそ参加者の多様性にお互い戸惑うものの、徐々に相手を心から深く理解して受け入れ合うようになり、皆が家族のような強い絆で結ばれていきます。

 

 

続きを読む